facebookでシェアする
ログイン

花とともに居る日々を

弊社は、群馬県前橋市のバラを含めた花卉を使用するワークショップを提供いたします。現在、花卉の消費は減少しており、中でも20代以下の消費が特に落ち込んでいる状態にあります。そんな若者の花卉への興味、消費を促すために、弊社は若者の消費傾向が「モノ」消費から「コト」消費に変化しているということに注目いたしました。「物」にお金を消費するよりも、「体験」や「思い出」にお金を消費する傾向のある若者に花卉の消費を促すために、弊社はワークショップという「体験」が最適だと考えております。また花卉を貰って嬉しいと感じる若者が多いことから、プレゼントとして活用できるものを製作するワークショップを実施しようと検討中です。さらに、そのワークショップの中で群馬県前橋市のバラを使用することで、群馬県前橋市の高品質なバラをより身近に感じていただくことができ、そしてPRにも繋がると考えております。様々な花卉を実際に手に取り、またワークショップ内で花卉の雑学などを含めながら説明を行うことで、より一層若者の花卉に対する興味、消費を促せるのではないかと期待しております。

  現在 435

 
活動期間2018/05/01〜2019/03/31
活動人数5
チーム名花居
業種  卸売・小売業
事業目的現在、若者に花卉が消費されていない状態にあります。また、群馬県前橋市のバラは高品質ですが、あまり知られておりません。そこで弊社は、若者を中心とした消費者が、手軽に花卉を購入できるような環境にしていくことと、群馬県前橋市のバラをPRすることを目的として活動しております。
事業紹介現在、物より体験を選ぶ若者が増えております。そこで、花卉で体験を生み出すワークショップを行うことによって若者に花卉への興味、そして消費を促します。また同時に、群馬県前橋市の高品質なバラのPRを行います。
対象顧客特に花卉の消費が落ち込んでいる20代以下の若者を対象としていますが、どの年代の方にも楽しんで頂けるものになっております。物より体験を選ぶ傾向にある現在の若者の、花卉に対する興味、そして消費を促すために、「物」ではなく「体験」というワークショップの中で花卉を提供します。また花卉を貰って嬉しいと感じる若者が多いことから、プレゼントとして活用できるものを製作するワークショップを検討しております。
優れた点この事業の優れている点は2つあります。まず1つ目は、プレゼントとして活用できるものを製作するワークショップだという点です。総務省家計調査によると、高齢の方よりも若者の花卉の購入額の方が圧倒的に少なく、若者は下記を消費していないということが分かります。しかし、若者は花卉を好まないというわけではありません。それは「花をもらってうれしいと感じている若者は多い」という民間企業が実施したアンケート結果もあります。 さらに、現在若者の興味は「モノ」から「体験」へと変化しております。弊社はそれらに目を付け、プレゼントとしても活用できるものを製作するワークショップを実施し、花卉で「体験」を生み出すことで、より若者の興味を引き、消費にも繋げていくことができるのではないかと考えております。2つ目は高品質なバラを使用している点です。群馬県前橋市のバラはとても高品質なものですが、あまり知られておりません。それを使用することで、群馬県前橋市のバラのPRができると同時に、プレゼントなどの価値を高めることができ、よりよい商品を作ることができます。
広報戦略現代では、様々な種類のSNSが幅広い世代に利用されており、その中でも特に、若者の利用率が増加しております。弊社はそこに注目し、SNSを使い情報発信をしようと考えております。弊社の目的は、若者の花卉の消費を促し、群馬の高品質なバラをPRすることですので、SNSを利用することで、効率的に情報発信することができるのではないかと考えました。広報活動としてはTwitterやInstagram、また、提携先である「株式会社 有花園」様のブログ等のSNSを利用し、「花居」の成り立ちや活動報告、花卉に関する雑学、ワークショップの宣伝などの発信を主に行なっていきます。ターゲットとしては10代~20代の方と考えておりますが、SNSを利用することで、その他の年代の方にも知っていただくことができます。また、今後行われる地域のイベントや、提携先の有花園様のご協力をいただき、店頭での実演を予定しております。その際、お越し下さったお客様を対象にしたアンケート等の実施も考えております。こうした広報活動を行い、弊社の目的を達成していきたいと考えております。
提供(販売)方法弊社は、「若者の花卉の消費を促すこと」と「群馬県前橋市の高品質なバラをPRすること」の2つを目的とし、活動しております。そこで、群馬県前橋市のバラを使用したワークショップを提供します。ワークショップという提供方法をとった理由は2つあります。1つ目の理由は、現在、若者は「モノ」消費から「コト」消費へと変化していると言われているからです。物にお金を消費するよりも、体験や思い出にお金を消費する傾向にある若者に花卉の消費を促すには、ワークショップという形が最適だと弊社は考えました。2つ目の理由は、ワークショップという形を取ることで、群馬県前橋市の高品質なバラを身近に感じていただけると考えたからです。実際に高品質なバラを手に取り、またバラの雑学などを含め説明しながら、群馬県前橋市のバラのPRを行っていきたいと考えております。商品化の際には、提携していただいた有花園様の店舗で定期的に実演する他、地域のイベントなどへの参加も考えております。
未登録です
未登録です

こんにちは!!花居です!!

いきなりですが…皆様は群馬県はバラの出荷量が全国7位ということをしっていますか?
そんな群馬県の中でも前橋市はトップなのです。
そんな前橋市には、美しいバラが描かれたマンホールがあります!!
先日花居の社員が見つけて写真を撮ってきたので、是非見ていただきたいです!!

美しいバラが描かれた7種類のマンホールの蓋を
皆様も探してみてはいかがでしょうか??



投稿日:2018-10-15 13:58:33

皆様こんにちは!!
本日は過去の活動報告をさせていただきます。

7月10日に弊社は、株式会社有花園様へ訪問し、花について様々なお話を伺わせて頂きました。

・40年前の生け花ブームが花の需要のピーク
・花を購入する人は人口の1割程度
・有花園様が行っているワークショップについて

など、とても興味深いお話を伺うことができました。また、若者に花を購入してほしいと感じているということも、知ることができました。



投稿日:2018-10-10 11:58:59

皆様こんにちは!!
今日は朝早くから社内会議をしました!

今日の会議の内容は、近々実施しようと考えている
アンケートについてです。大体の内容は決まりましたが
アンケートを作るのは容易ではないのだと思い知らされました…

アンケート実施の際は、皆様の貴重なご意見がしっかりと反映された
ワークショップを考えていきたいと思っていますので、
これからも応援よろしくお願い致します!!



投稿日:2018-10-08 20:19:51

皆様、こんにちは!

仮想企業「花居(かおる)」です。
弊社は、群馬県にある共愛学園前橋国際大学の学生で組織されています。

弊社は、群馬県前橋市のバラを使用したワークショップの開発を行っています。
これから活動内容を随時更新していきますので、どうぞ応援よろしくお願い致します!


投稿日:2018-10-05 16:07:36

広報サイト

所属団体

共愛学園前橋国際大学 (複数学年)
ホームページ