facebookでシェアする
ログイン

人と自然の友の輪大作戦:こども手づくり紙芝居

1.こどもたちで野草の勉強会(野草使いクラブ)を開催し、野草の事を話したり、食べてみたり、使ってみたりする機会を作ります。 2.野草使いクラブで学んだことなどを紙芝居にまとめ、紙芝居会を開きます。

  現在 36

 
活動期間2022/07/20〜2023/03/31
活動人数5
チーム名上高野こども文庫
業種  その他サービス業
事業目的上高野にはえる野の草木花(野草)を紹介し、こどもにも、おとなにも、野草について関心を持ってもらい、野草を通して、自然の事、暮らしの事を考えてもらう機会をつくること。
事業紹介比叡山の麓に位置する上高野には、雑木林や田畑が残されており、自然と共に暮らす昔からの知恵と工夫があります。その様な上高野の良さについて、子どもたちで学び合う複数の機会を作り、紙芝居にして紹介します。みんなにも地元にある自然や暮らしの事を考えるきっかけにしてもらいたいです。
対象顧客 検討中
優れた点検討中
広報戦略検討中
提供(販売)方法検討中
未登録です
くらしごと五右衛門 https://ja-jp.facebook.com/goemon.kurashigoto/

昨日のオンラインミーティングでは、今週末に予定している野草使いクラブの準備について報告しました。
よもぎこうぼでパンづくりをするための役割分担やパンづくりの材料を提供していただける人たちとの打ち合わせ、上高野の野草を紹介するための下見などをしました。

野草使いクラブの参加費について、複数の人たちと相談をしましたが、参加するのが小学生低学年ということもあり、自分たちのお小づかいで来られる200円に設定することにしました。
材料費や会場費など野草使いクラブをするために必要となる費用は多くかかるので、アントレプレナーシップ開発センターからは、「採算」がとれるように参加する子どもたちからより多くの参加費を取る様に提案がありました(「採算」ってなんだろう?)。
でも、参加したい人が自分で決めて参加できる様にしておくことが大切だと思い、参加費を上げることはしませんでした。そのためには、材料や会場費などを上高野の地元の人々や関係する人々に提供してもらったり、協力してもらたったりする必要があります。
今後の活動をつづけるために、周りの人たちにもよく相談してみようと思います。



投稿日:2022-09-23 19:52:03

今日のオンラインミーティングでは、広報の仕方について教えてもらいました。特に、私たちの活動について、誰に対して発信したい情報なのか、どうやったら知ってらもらい人たちに情報を届けることができるのか、を考えました。新聞やラジオ、テレビ、「プレスリリース」をすることや、記者クラブを通して活動を取り上げてもらうことについて教わりました。ちょっとむずかしそう、私たち子どもが出来ることなのかな、とも思いましたが、他のグループなどからも学びながら進めてみようと思います。
また、今月に行う私たちの野草使いクラブの紹介をしました。チラシができたので、みんなにも見てもらって、関心を持ってほしいです。
野草使いクラブの参加費について、自分のおこづかいで行けるのは200円かな、と思って提案しましたが、お昼ごはんが食べられることや、野草やパンづくりを学べるなど、多くの楽しみがあるので、もう少し高くても大丈夫かもしれません。「マクドナルドに行っても500円くらい使うし」「安いと思う」という意見もありました。とはいえ、だれでも参加できるようにしたい気持ちもあります。
写真は遊びにきたアマガエル。



投稿日:2022-09-08 19:13:55

プロジェジェクトリーダーの太田さんが私たちの「人と自然の友の輪プロジェクト」のロゴを作ってくれました。
私たちが野草たちに囲まれて、手をつないで踊っているイメージです。



投稿日:2022-09-04 21:03:25

2022年8月25日

今日のオンラインミーティングでは、原田さんよりアントレプレナーシップ開発センターの目指す姿のお話がありました。
「あなたの暮らしに無いと生きていけないものは何ですか?」という問いかけから始まり、私たちは、食べものかな、家族かな、仲間や地域とのつながりかな、とメンバーで話し合いながら考えました。
原田さんから出された「答え」は、スマートフォンでした。
インターネットにつないで提供される情報やサービス、たとえばAmazon、Facobookが挙げられ、米国シリコンバレーで見られるような急速に規模を広げて世界でビジネスをする起業家たちが、目指す姿と紹介されたように感じました。
私たちのプロジェクトで目指していること、京都上高野でのなかまづくりやコミュニティーづくりについて、改めて考えさせられる機会でした。
あとは、チラシづくりなどを教えてもらいました。がんばりま〜す!



投稿日:2022-09-04 21:00:13

みんなで作ると楽しい!おいしい!うれしい!



投稿日:2022-08-18 17:45:35

2022年8月18日

今日は、第一回野草使いクラブ(よもぎ酵母でパンづくり)を開催するための準備をしました。開催場所(くらしごと五右衛門, 上高野植ノ町)の広さや使う道具などから、参加してもらえる人数について考え、そこからスケジュールや予算の見直しをしました。
野草使いクラブのくわしいことは、「商品情報」にのせているので見てください。
参加は予約制(先着順)とし、8名までとなります。子どもを優先します。

また、先週によもぎこうぼを仕込んでいたので、その様子の観察をしました。
仕込んで4日ほどでシュワシュワと発酵が強くなり、5日目にはブクブクと元気に育ち、ちょっと甘くてひりっとしたようないいにおいがしてきました。




投稿日:2022-08-18 17:43:07

第1回野草使いクラブを8月27日(土)に開きます。
テーマは「よもぎ酵母(こうぼ)でパンづくり」
上高野の自然を探索(たんさく)し、よもぎをつんで、天然酵母(てんねんこうぼ)をつくってみませんか?
よもぎにお砂糖とお水をたして数日間おいておくと、しゅわしゅわブクブクとよもぎの力がわきあがってきます。その元気なよもぎの力をかりてパンをつくってみましょう。
主に小学生を対象としますが、小さいお友だちも大きいお友だちも参加いただけます。

連絡先:hito.to.shizen.tomono.wa.2022@gmail.com



投稿日:2022-08-18 16:38:43

2022年8月10日
今日は、オンラインミーティングでプロジェクトのスケジュールの変更と現在の進捗を報告しました。8/27の野草使いクラブ(よもぎ酵母でパンづくり)の開催に向けて、準備を進めます。チラシづくりなどは、本日アドバイスしていただいたことをもとに完成させたいです。

今日の他のプロジェクトの報告で印象に残ったのは、亀岡コロッケプロジェクトのコロッケが美味しそうだったことです。他にも、ハロウィンのプロジェクトの仮装の報告や、いろいろなひとを集めて参加してもらったり、協力してくれる人を募ったり、プロジェクトを進める方法がとても興味深かったです。



投稿日:2022-08-10 18:17:09

2022年8月1日
子どもたちで上高野の自然を学び合う機会「野草使いクラブ」を8月末に開催することを目指して準備を始めています。

野草使いクラブでは、わたし達の身近にある野草がわたし達の暮らしに役立つことをみんなに知ってもらうことを目的としていて、第一回のテーマは『天然酵母でパン作り』です。

今日は、桑の実などの皮ごと食べられる実を用いて酵母をおこし、手軽にフライパンで作れるパンで試作をしました。小麦粉の種類によってはうまく発酵しなかったものもあり、小麦粉の種類や発酵時間をもう少し研究して調整する必要がありそうです。
また、野草使いクラブの内容・タイムスケジュールの考案やチラシの作成を行いました。

来週に、開催に協力してくれる人への依頼や、開催場所と内容の確定、チラシの配布などの広報について相談し、準備を進めていきます。




投稿日:2022-08-05 19:51:13

2022年7月28日
上高野の野草について描かれた絵本「雑草のくらし」をメンバーで読み返し、周りにある自然の探索やノートづくりをしました。
また、初のオンラインミーティングに参加し、プロジェクトを実現するために大事なことなどを学びました。
『何でもやってみることが大事。そして失敗から学ぶこと。』
私たちのアイディアを実現するためには何をしないといけないのか、もう一度、プロジェクトの内容やスケジュールを見直して、協力してくれる人を探しながら、話し合いをすすめていきます。



投稿日:2022-08-05 19:35:24

上高野の自然や暮らしにある良さを、子どもたちで学び合い、野草使いクラブの開催や紙芝居づくりを通して、子どもにもおとなにも、広くみんなに紹介するプロジェクトがはじまります。
この企画は、複数の子ども達の発想をもとにつくられています。
みんなの想いやアイディアが、どのように形になっていくのか、より多くの人たちに伝えられるのか、どきどき不安もありますが、ワクワク楽しみもいっぱいです。
これから活動ごとに、その様子をアップしていきます。



投稿日:2022-08-05 19:21:19

所属団体

上高野こども文庫 (複数学年)