facebookでシェアする
ログイン

紙芝居を通して次世代の子どもたちにリアルな平和の理解を!

情報収集から得た世界の問題について古き良き日本の文化を使った紙芝居を応用し、子どもが視覚と聴覚を使い自らで考える力を養ってもらいます。紙芝居の途中で子どもたちにこの場面で「自分ならどう考える」というような問いかけを行い、周りの子と話し会いお互いの考え方の違いに触れてもらいます。話し合いで1枚ページを作ってもらい実際にその場で紙芝居の1ページを作ります。最後に実際はこのようになっているという現実を見せることで、現実と理想のギャップについても知ってもらいます。

  現在 16

 
活動期間2024/04/19〜2025/03/31
活動人数4
チーム名Move❤One
業種  教育,学習支援業
事業目的 現状、世界は平和であるとは言えません。メディアで取り上げられていない場面でも沢山の争いが起きています。それは日本も同様です。しかし、日本の若者はリアルな平和について知っていません。そこで私たちMove❤Oneは小学生向けの紙芝居を作ります。これをすることにより次世代の子どもたちにリアルな平和を知ってもらい、将来的にはこれからの日本人の平和に対する理解がより向上していくことを目指します。
事業紹介Move❤Oneは次世代を担う子どもたちに楽しいかつ理解しやすい紙芝居で小学校などでは学べないようなリアルな世界平和について知ってもらい、その先多様性を受け入れてくれるような人になってもらうことを目指します。
対象顧客 全小学生を小学生を対象にしている。
優れた点世界には私たちの知らない問題が数多くあります。関係ないから知らなくていいのでしょうか。実際に私たちの実体験として、世界の問題について知る機会がないことが問題であると考えます。そこで私たちは小学生を対象にした差別や食糧の問題について子どもが楽しむことが出来る紙芝居を通じて教えたいと考えます。紙芝居は完成された動画と違い、その場で新しくページを差し込むことが出来ます。そのことを利用し子どもに「次のシーンで君たちならどうする。」といった質問をし、グループになってそれぞれ新たなページを作ってもらいます。次のシーンを考える中で、それぞれの考え方の違いを学んでもらい多様性を知ってもらいます。
広報戦略学童保育に直接連絡を取り、夏休みなどに実際に訪問し紙芝居を披露できるようにします。
提供(販売)方法学童保育に訪問し、小学生に紙芝居を通じて世界の実情と考え方の多様性を学んでもらいます。

所属団体

名古屋市立大学 3年
ホームページ